講師のご紹介

齋藤巳乗先生


 
指圧をしているうちに、からだの奥にある動きを感じるようになり、それが何なのかを知りたくなった。
それをきっかけにオステオパシーを選び勉強を始める。
その後、頭蓋オステオパシーと云うとてもソフトな施術法を全身に応用出来ないかと考案されたのが「誇張法 」 である。

  • 大正15年 福島県郡山市生まれ。師について修行後指圧師となる。
  • 昭和30年 福島県療術師協会事務局長に就任。
  • 昭和44年 古賀正秀先生に師事。 
  • 昭和46年 全日本オステオパシー協会会長に就任(名誉会長/故古賀正秀氏)
  • 昭和59年 全日本オステオパシー協会退会。
  • 昭和60年 自身が考案したオステオパシー誇張法を用い郡山市・いわき市にて治療活動を行う。東北オステオパシー会専任講師、日本オステオパシー学会講師を平成22年まで勤める。
  • 著書に『オステオパシー誇張法 教本』(スカイイースト刊)がある。


久原豊秀D.O.


平成元年頃から、オステオパシーを学び始める。
その2年後から、齋藤先生のオステオパシー誇張法を学び始め平成5年に技術を認められる。
平成8年に講師の資格を認められる。
同年より四国、徳島にてオステオパシー誇張法の講師活動を開始する。
現在は東北オステオパシー会と西日本オステオパシー会の専任講師を務める。
 


  • 師事した主な先生
  • 齋藤 巳乗MRO(J)