オステオパシーとは


オステオパシーとは
 
1874年にアメリカ人医師アンドリュー・テイラー・スティル博士によって創始された自然医学です
 
ラテン語で『骨』を意味するオステオン(osteon)と
『病気・治療』を意味するパシー⇒パソス(pathos)を合わせた造語です。
 
オステオパシーを『整骨医学』と訳す事がありますが、オステオパシーが対象とするものは人体をつくる要素(骨、筋肉、神経、血管、リンパ、内臓、靭帯など)であり、決して『骨』だけを対象にしたものではありません。
 
スティル博士は人間を『Body(体)、Mind(精神)、Spirit(魂)』の三位一体としてとらえていたように『心・精神』も重要であると考えていました。
 
人間の体は一つのユニットであり、構造と機能とは相互に関係を持ち、自らを防御し、自らを修復しようとする能力(自然治癒力)を備えている。
博士はこのような考えのもとに、手技によって自然治癒力を導き出し、健康を回復する治療法を生み出しました。これがオステオパシーです。