東北オステオパシー会とは


齋藤巳乗先生をお迎えし、先生が自らつくり上げた治療法である「誇張法」を勉強する会として発足されました。
日本全国から治療家の先生方が勉強に来られています。齋藤先生から手取り足取り直接の指導が受けられますので、オステオパシーをじっくり勉強されたい治療家の先生には、非常に内容の濃い講習会となっております。関心のある方は、一度ご体験ください。

誇張法創始者 

齋藤 巳乗(さいとう みのる)

指圧をしているうちに、からだの奥にある動きを感じるようになり、それが何なのかを知りたくなった。それをきっかけにオステオパシーを選び勉強を始める。
その後、頭蓋オステオパシーと云うとてもソフトな施術法を全身に応用出来ないかと考案されたのが「誇張法 」 である。

  • 大正15年 福島県郡山市生まれ。師について修行後指圧師となる。
  • 昭和30年 福島県療術師協会事務局長に就任。
  • 昭和44年 古賀正秀先生に師事。 
  • 昭和46年 全日本オステオパシー協会会長に就任
    •   (名誉会長/故古賀正秀氏)
  • 昭和59年 全日本オステオパシー協会退会。
  • 昭和60年 自身が考案したオステオパシー誇張法を用い郡山市・いわき市
  •      にて治療活動を行う。東北オステオパシー会専任講師、
  •      日本オステオパシー学会講師を平成22年まで勤める。

 
著書に『オステオパシー誇張法 教本』(スカイイースト刊)がある。